栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・ホワイト・バレンタインデー

今日はバレンタインデー。こんなに雪が降ったホワイト・バレンタインは初めてです。最近ではホワイト・クリスマスも珍しいのに嬉しい限りです。

 

日本では、女性が男性に愛情の告白としてチョコレートを贈る習慣があります。どうやら女性から男性へ贈るということと、贈る物の多くがチョコレートに限定されているという点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴のようです。

 

日本のバレンタインは1958年ころから流行しようです。この日に「チョコレートを渡すのがいいのでは?」と最初に考案して実践したのは、大田区の製菓会社だそうです。1960年より森永製菓が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出し、さらに伊勢丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催し、これがバレンタインデー普及の契機となったとする説もあります。

 

バレンタインのチョコにしろ、クリスマス・ケーキにしろ、節分の恵方巻きにしろ、後から流行った日本のイベントは、メーカーや小売りが仕組んだものが少なくありません。

そもそもバレンタインとは何なんでしょう。

 

バレンタインとは3世紀ごろの聖職者の名前(ヴァレンティヌス)です。214日は彼の殉教の日とされています。彼と「恋人の人の日」とのかかわりのエピソードはいくか伝えられていますが、こじつけのように思えてなりません。

 

そもそも214日はローマでは、女神・ユノの祝日とされていました。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもあります。翌215日は、豊年を祈願する祭の始まる日で、祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていたそうです。

翌日、男たちは 桶から札を1枚ひき、ひいた男と札の名の娘は、祭りの間、一緒にいることと定められていたそうです。そして多くの男女はそのまま恋に落 ち、そして結婚しそうです。当時のローマでは、若い男たちと娘たちは生活が別だったので、それが男女の出会いの場だったのでしょうね。この辺が本来のバレンタインの期限なんではないでしょうか?

2月14日は、「家庭と結婚の日」といってもいいのかもしれません。

 

 

 

(cf.wikipedia)

 

 

婚活するなら栃木にある宇都宮 結婚相談所

 宇都宮結婚相談所のホームに戻る

過去の「お知らせ&・時々ブログ」に戻る