栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・少子化対策に婚活支援を

衆議院議員の石崎徹氏とお話しする機会がありました。日本ブライダル情報機構が主催する結婚相談所の情報交換会の場でのことです。

 

石崎氏は婚活・街コン推進議員連盟/自民党青年局次長という役を担っています。

石崎氏によると、「少子化対策は子育て支援以前の婚活支援も重要」「現場で活躍している仲人の活動状況を知りたい。現場の声を聞いてみたい」とのことでした。

婚活支援はまだ始まったばかりです。

森雅子内閣府特命担当大臣(少子化担当大臣)による提言で少子化危機突破基金が創設されました。そして、その基金が全国10か所の都道府県に設けられ、自治体が実施する婚活イベントなどへの補助をおこなうものです。

 

国も腰を上げてくれたことには感謝していますが、私としては次のような要望をお伝えしました。

「仲人は資格の要らない古くからある仕事です。しかし、一部に業界のイメージを悪くしている相談所があります。結婚相談所は玉石混合です。一生懸命お世話している仲人や相談所のイメージをよくしてほしい」と。

事実、結婚より入会させることを主に営業しているところがあります。

会員にサクラがいるところもあると聞きます。

そういう相談所があるために、結婚を望まれる方が結婚相談所を利用できないのは残念なことです。

 

、少しでも多くの家庭が築かれるよう、自治体と民間の結婚相談所が協力しできるようになることを望みます。

 

最後に、石崎氏は29歳。まだ独身です。政治家の奥さんになって彼の志を支えたいという方は是非ご連絡ください。

 

 

 

 

 

参考までに、少子化社会対策基本法の前文は次の通りです。

 

 我が国における急速な少子化の進展は、平均寿命の伸長による高齢者の増加とあいまって、我が国の人口構造にひずみを生じさせ、二十一世紀の国民生活に、深刻かつ多大な影響をもたらす。我らは、紛れもなく、有史以来の未曾有の事態に直面している。
  しかしながら、我らはともすれば高齢社会に対する対応にのみ目を奪われ、少子化という、社会の根幹を揺るがしかねない事態に対する国民の意識や社会の対応 は、著しく遅れている。少子化は、社会における様々なシステムや人々の価値観と深くかかわっており、この事態を克服するためには、長期的な展望に立った不 断の努力の積重ねが不可欠で、極めて長い時間を要する。急速な少子化という現実を前にして、我らに残された時間は、極めて少ない。
 もとより、結 婚や出産は個人の決定に基づくものではあるが、こうした事態に直面して、家庭や子育てに夢を持ち、かつ、次代の社会を担う子どもを安心して生み、育てるこ とができる環境を整備し、子どもがひとしく心身ともに健やかに育ち、子どもを生み、育てる者が真に誇りと喜びを感じることのできる社会を実現し、少子化の 進展に歯止めをかけることが、今、我らに、強く求められている。生命を尊び、豊かで安心して暮らすことのできる社会の実現に向け、新たな一歩を踏み出すこ とは、我らに課せられている喫緊の課題である。
 ここに、少子化社会において講ぜられる施策の基本理念を明らかにし、少子化に的確に対処するための施策を総合的に推進するため、この法律を制定する。

(平成15年7月30日)

 

 

 

 

婚活するなら栃木にある宇都宮 結婚相談所

 宇都宮結婚相談所のホームに戻る

過去の「お知らせ&・時々ブログ」に戻る