栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・離婚の方法

結婚相談士が離婚について語るのは不謹慎、そう思われるかもしれません。

これは、離婚を促すものではありません。離婚について知っているだけでも、夫婦の危機を乗り越えられることもあるのではないでしょうか。

 

日本の離婚の方法は4つあります。

協議離婚、調停離婚・和解離婚、裁判離婚です。

 

協議離婚は、夫婦二人の話し合いでまとまる離婚で、90%以上がこの方法を取っています。

 

調停離婚は、家庭裁判所に調停を申し立てる方法です。どちらかが、離婚に同意しない場合や慰謝料などの条件で折り合わない場合に調停委員を通して離婚を成立させます。

 

裁判離婚は、調停が不成立となり、離婚を裁判所にゆだねる方法です。夫婦が原告と被告に分かれて争うことになります。判決が下る前に和解勧告に応じて和解する場合(和解離婚)も少なくはないようです。

我が国は破綻主義を取っているので、「結婚を維持しがたい重大な事由」があると判断されれば、離婚することはできるのです。裁判すること自体、結婚を維持することができない状態の表れです。

DVなどに耐えて、夫婦生活を無理に続けなくてもよいのです。

新たな幸せを求めてもいいのです。

 

ただし、離婚原因を作った側からの離婚請求は認められていません。たとえば、浮気をした側から離婚訴訟はできないとい言うことです。

借金を抱えた男性が、妻子負担をかけないために離婚をするといった話を聞いたことがありますが、これはナンセンスです。家族には返済義務はありませんから、離婚の意味はありません。

 

また、妻子に財産を残すために縁を切った方がよいのではないかと誤解する方がいますが、これは資産隠しですから、追及は免れません。

愛情がなくなったならいざしらず、愛するものと会えなくなる人生はつらいものです。

 

婚姻届、たかが紙1枚、されどこの1枚の重み忘れないでほしいものです。

 

 

離婚したい方は、弁護のところへ、

離婚を回避したい方は、仲人離婚カウンセラーのところへ。

 

離婚カウンセラーの連絡先を知りたい方は、当相談所までお問い合わせください。

 

 

 

 

婚活するなら栃木にある宇都宮 結婚相談所

 宇都宮結婚相談所のホームに戻る

過去の「お知らせ&・時々ブログ」に戻る