栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・乗馬って異性とのつきあい方に通じるところがありますね。

騎乗で
騎乗で

栃木県南に位置する野木町で、乗馬体験をしてきました。

乗馬は、馬とのコミュニケーションが大切だということが分かりました。

そのためには、いくつかのルールを覚え、技術を体得することが必要です。

異性との付き合いや結婚生活に通じるところがあります。

 

最初に教わったことは、

馬に蹴られないための方法。お尻から後ろに立たないこと。側面から前を歩くことです。これは、馬を驚かせないための配慮です。危険回避の技でもあります。

異性に安心感を与えるしぐさや言葉遣い・距離感にあたります。

※具体的なことは、お見合いが決まった方にレクチャーさせていただきます。

 

馬上では、「手綱とお尻と足の3つが馬と接触していれば落馬はしません」と教わりました。

これは、「相手に関心を持って話を聞き、うなずき(認めて)、褒めることができれば、むげに嫌われることはない」に近い所がありませんか。

 

今回は、常歩(なみあし)から軽速歩(けいはやあし)まで体験することができました。

常歩の時は背筋をまっすぐにしますが、少し走りだすと馬に合わせて尻を浮かせるリズムが難しかった。このリズムがうまく取れると、乗り心地も良くなり、馬も走りやすくなるそうです。

人間関係にたとえると、ラポールができている状態と言えます。

 

※ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態を指します。

 

ご夫婦やカップルで乗馬をされている方も多いようです。

ご興味のある方は、無料体験コースもあるようなので、乗馬してみてはいかがでしょうか?

機会があれば、また馬たちと触れ合いたいと思います。

 

 

 

栃木で婚活するなら 宇都宮結婚相談所のホームはこちら

過去の「お知らせ&時々ブログ」に戻る