栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・外国人に伝わる「やさしい日本語」とは。

外国の方に触れる機会が増えてきたので、「やさしい日本語セミナー」を受講してきました。

 

「やさしい日本語」は、日本で暮らす外国の方と、日本語でコミュニケーションをとる有効な手段のようです。

とてもためになりましたので、セミナーの内容をご紹介させていただきます。

 

 

日本にいる外国の方と会話する際、「英語で話さなきゃ」と思いがちです。

短期滞在の旅行者はそうかもしれませんが、日本に暮らしている外国人に対して事情が違います。

現在栃木県には100カ国以上の外国籍の方が暮らしています。

英語ができない外国人も多く、また私たち日本人も英語が得意な人ばかりではありません。

日本で暮らす外国人が、一番触れる機会の多い外国語は日本語です。

私たち日本人同士が普段話している日本語より、優しい日本語のほうが外国人へはよく伝わります。

 

「やさしい日本語」で話すポイントを説明する前に問題です。

あなたなら、分かりやすく外国人に伝えるとしたら、何と言い換えますか?

Q1.次の単語を何と言い換えますか?

「給水所」「身分証明書」「公共の交通機関」「予防接種」「ライフライン」

Q2.次ぎの文は何と言い換えますか?

「ご出身はどちらですか?」

「いつ日本にいらっしゃいましたか?」

「おかけになってお待ちください」

「安否を確認してください」

「この先、通行止めのため、迂回してください」

 

 

 

できましたか?家族や友達と相談してみるのもOKです。

意外と難しかったのではないでしょうか。

 

では、「やさしい日本語」で話す時の主なポイントをご紹介いたします。

①ゆっくり話す

②文を明確に区切る。短い文で話す。

③熟語はなるべく使わない。(相手が漢字圏の場合は、通じることもある)

④専門的な言葉や難しい言葉は、日常的によく使うコトバに言い換える。

⑤カタカナ外来語はできるだけ使わない。

(外国語での意味とは異なる。発音が違う。日本での造語である場合がある)

⑥抽象的な表現は避けて、具体的に伝える。

⑦尊敬後や謙譲語を使いすぎない。

⑧修飾語を減らす。

⑨例を挙げる。

⑩回りくどい言い方は避ける。

⑪相手の様子を見ながら、理解しているどうか確認する。

(「分かりますか?)ときく)

 

11のポイントを参考に、再度挑戦してみてください。

 

言い換えの例はこちらをご覧ください。

 

 

 

もし日本語が少しでもわかる外国人に出会ったら、11のポイントを思い出して話しかけて見てください。

難しい言葉を使うより、やさしく話すことのほうが大変かもしれませんが、きっとあなたの世界は広がっていくことでしょう。

 

 

 

 

栃木で婚活するなら 宇都宮結婚相談所のホームはこちら

過去の「お知らせ&時々ブログ」に戻る