栃木婚活をお手伝いする宇都宮結婚相談所(miyakon)
結婚相談所には、結婚を望む独身男女が多数登録されています。
独自ネットワークにより、全国の会員もご紹介できます。
あなたの「出会い」から「結婚」までをお手伝いいたします。

予約はこちらから
宇都宮結婚相談所 代表 ブライダル・セラピスト 益子浩二

宇都宮結婚相談所 代表
ブライダル・セラピスト
結婚相談士
益子浩治

お問い合わせ先 宇都宮結婚相談所(miyakon)〒320-0049 栃木県宇都宮市一ノ沢町285-41 電話:028-643-5120

・デートDV

「デートDV」ってご存知ですか?

DVとはDomestic  Violence (ドメスティック・バイオレンス)の略で、夫婦や恋人と言った親密な関係にあるパートナーに対して振われる、体や心への暴力を言います。

 

デートDVとは、結婚していな知男女の間で起こりDVのことをいいます。

親密な関係になって来ると、支配関係や暴力が見えなくなってくるので、相手の行動、そして自分自身をチェックしてみることをお勧めします。

 

DVは必ずしも、「男性から女性へ」という方向だけではなく、「女性から男性へ」という関係も少なくありません。

 

デートDVが起きるわけ

こんな考えから、デートDVが起きてしまいます。

 

・友達間での暴力は犯罪だけど、恋人への暴力は愛情表現だと思っている。

・恋人同士が相手の行動や友達関係に干渉するのは愛している証拠だと信じている。

・恋愛では男の方が(あるいは女の方が)立場が上だと思っている。

・恋人は「支配できる」と思うし、また「支配される」ことで愛されていると思う。

 

こんなのがデートDVです

・ケンカになると一方的に暴力をふるう

・相手に向かって物を投げたり、壊したりする

 

・行動や服装をチェックしたり、指示したりする

・「バカ」とか「ブス」とかいやな呼び方をする

 

・お金を借りたまま返さない

・一緒に遊ぶ時、いつもお金を払わせる

・友達づきあいを制限する

・メールや電話の履歴をチェックする

・無理やりエッチする

・避妊に協力しない

 

どうです?気になりだしましたか?

「もしかして?」と思われた方は次のチェックリストでチェックしてみましょう。

 

✔自分のデートDV度チェック

□デート相手が自分の意見に従わないといらいらしたり怒ったりする。
□相手が自分だけでなく、他の人とも仲良くしていると嫉妬して責めたりしてしまう。
□相手がどんな人とどんな話をしているのか、とても気になって聞いてしまう。
□相手のためだと思って、相手に何をするか、誰と話すか、どこへ行くか、何を着るかなどについて指示する。
□相手に向かって「俺(私)とあいつのどっちが大事なんだ!」という言い方をする。
□腹を立てたとき、相手の目の前で物をたたいたり、壊したり、投げたりする。
□腹を立てたとき、相手の腕や肩をつかんだり、押したり、たたいたりしたことがある。
□あなた自身の問題や自分がいらいらしていることを、相手のせいだと責めることがある。
□いつも相手をリードしなければと思っている。
□ふたりのことでも、相手の考えや希望を尊重しないで、自分ひとりで決めることが多い。
□相手は自分より劣っていると思っている。
□付き合っている相手を「自分のもの」だと思っている。

 

一つでも当てはまる行動があったら、自分の態度・行動を見直しましょう。


✔相手のデートDV度チェク

□あなたのことを「きたない」「ブス」など人をおとしめるいやな言い方で呼ぶ。
□あなたが他の用事で会えなかったりすると、自分を最優先にしないと言ってふてくされたり、怒ったりする。
□あなたが誰と話すか、家族や友だちの誰といっしょにいるかなど、何でも知りたがって聞いてくる。
□頻繁に携帯に電話してきて、あなたがどこで誰と話したり会ったりしているかチェックする。
□怒ったときに物にあたるなど、あなた怖いと感じるような態度・行動をとる。
□あなたへの怖い態度や行動をしたあと謝ることが多い。
□すごくやさしいときと、すごくいじわるでいやな態度のときとが極端。
□ふたりがけんかしたとき、「あなたが怒らせるようなことを言ったからだ」とか言ってあなたを責める。
□あなたが何かについて話そうとすると話をそらしたりして、あなたの話をちゃんと聞いてくれないことが多い。
□よく約束を破る。
□あなたの携帯をチェックして、男(女)友だちのメールやアドレスを消せと命令したり、消してしまったりする。
□あなたの希望や考えを尊重しないで勝手に決めることが多い。

一つでも該当する項目があったらデートDVではないかと考えてみましょう。


いい関係を作るには

・自分が嫌だと思ったら、相手にその気持ちをちゃんと伝えること。

 相手の気持ちもちゃんと聞くこと。

・そして、お互いにどうするのが一番よいのかを話し合うこと。

 

・言いにくいかもしれないけれど、お互いを深く知ることが「いい関係」を作るために必要なのです。

 

デートDVにあったらこう考えよう

・あなたは悪くありません。何があっても、暴力は認められません。

・暴力は愛情や友情の表現ではありません。

・暴力は繰り返す傾向があります。そのままにしていてはいけません。

 はっきり「イヤだ」といって、相手に気づいてもらいましょう。

DVに困ったら

お住まいの市の女性相談所や県の婦人相談所などにご相談を。

たとえば、宇都宮や栃木県の場合は

宇都宮市女性相談所 028-636-5731

栃木県婦人相談所  028-622-8644

パルティ相談所   028-655-7714

等があります。

 

 

※宇都宮の保健所に行った際、「知ってる? デートDV」のリーフレットを見て気になり、調べてみました。また、そのリーフレットの文面も引用させていただきましたが、多くの方がデートDVに気づき、DVがなくなることを望みます。

 

by 益子